開会式リハ 力強く入場行進

開会式のリハーサルで元気よく行進する有田工ナイン=兵庫県西宮市の甲子園球場 拡大

開会式のリハーサルで元気よく行進する有田工ナイン=兵庫県西宮市の甲子園球場

 8日に開幕する第95回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが7日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、代表49校が入場行進の練習をした。県代表の有田工もベンチ入りメンバー18人が動きを確認した。

 有田工ナインは43番目に登場。浦郷恵輔選手(3年)の掛け声に合わせ、足を大きく上げて行進した。先頭に立った桑原耕生主将(3年)は「手を地面と平行になるまで上げ、きれいに見えるよう意識した。みんな緊張せずにできた」と話した。

 リハーサル後、選手たちは西宮市内のグラウンドに移動。約1時間半、フリー打撃中心のメニューで最終調整した。


=2013/08/08付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ