佐実はつらつ行進 甲子園開会式、「早く試合がしたい」

元気よく行進する佐世保実ナイン 拡大

元気よく行進する佐世保実ナイン

 8日の第95回全国高校野球選手権大会の開会式で、2年連続5回目の出場となる佐世保実ナインは大きく腕を振って、甲子園のグラウンドをはつらつと行進した。

 開会式は約4万人の観客が見守った。松井叶選手(3年)は「人の多さに驚いたが、ここで野球ができるのは光栄なことだと思う。全国の人が見ているので県代表として恥ずかしくないよう行進しました」と話した。

 選手たちは開幕試合を観戦。三塁側アルプススタンドで有田工(佐賀)を応援した。「隣の県なので頑張ってほしい」と山下由起選手(3年)。有田工が逆転で勝つと、川端俊星遊撃手(3年)は「自分たちも早く試合がしたくなった」と興奮した様子だった。

=2013/08/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ