自由ケ丘、はつらつ行進 甲子園開幕、「早く試合がしたい」

 第95回全国高校野球選手権大会は8日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、約4万人の観客が詰めかけた開会式で、県代表の自由ケ丘の選手は、はつらつとした入場行進を見せた。

 開会式後、古川立樹投手(3年)は「あまり緊張しなかった。いよいよ始まるんだという気分になりました」と興奮した表情で話した。選手たちは球場内にある「甲子園歴史館」も見学し、高校野球の歩みなどを学んだ。渡辺永幸外野手(3年)は「甲子園で活躍した選手たちを見て、早く試合がしたくなってきました」と話した。

 自由ケ丘は12日、延岡学園(宮崎)と対戦する。

=2013/08/09付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング