源田、球宴中間投票で遊撃3位 “地元”で恩返しへ出場意欲

 西武のドラフト3位ルーキー源田壮亮内野手(24)が“地元”への恩返しを目指すことを誓った。22日、オールスターのファン投票中間発表があり、遊撃部門の3位につけた。初戦は社会人のトヨタ自動車時代に過ごした名古屋(ナゴヤドーム)で開催される。「お世話になった方に自分のプレーを見せることができれば」と初出場への意欲をみせた。

 源田は開幕からフルイニング出場中。打率3割9厘を残し、リーグトップの11盗塁をマーク。トヨタ自動車時代の同僚からは「球宴を楽しみにしている」との期待を込めた連絡も届いており、さらなる活躍で晴れ舞台への出場切符を目指す。

 遊撃部門のライバルは、茂木(楽天)、今宮(ソフトバンク)。前カードのソフトバンク戦では、同じ大分県出身で1歳上の今宮の安定した守備にあらためて驚いたという。「ショートはどっちもすごい選手。競い合う中、自分が出場できるなら」と力を込めた。

 この日は23日の前橋での日本ハム戦に向け、群馬に移動した。勝利に貢献するプレーを見せれば、全パの指揮を執る栗山監督へのアピールにもつながる。 (松田達也)

 2017/05/23付 西日本スポーツ

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ