若木ゴルフクラブ【佐賀県武雄市】18景-前編

 2014年と15年に国内女子プロゴルフツアーの「Tポイント・レディース」が開催された若木ゴルフ倶楽部(GC)=佐賀県武雄市=は、特徴のあるホールネームがプレーヤーの遊び心をくすぐる。戦略性の高さはもちろん、山水画のような美しさを誇り、九州在住のゴルファーなら一度は回ってみたい傑作コースの魅力を「若木18景」と題して2回に分けて紹介する。前編はインコースで、10番パー5の「校長先生の鼻」からティーオフ。 

 

西スポ×GDOタイアップ特別プランやご要望に応じたゴルフ場を紹介!

↓インターネット予約はこちらから↓

→【若木ゴルフ倶楽部】予約カレンダー

↓お電話でのご予約はこちらから↓

0570-097-562

 

10番ホール・パー5[校長先生の鼻]鼻の穴に入れればお説教!?

 フェアウエーセンターに、高さ3メートル弱のマウンドと二つのバンカーが待ち受ける。英国・スコットランド出身でコース設計の「鬼才」と呼ばれたデズモンド・ミュアヘッド氏が手掛けた珠玉の18ホールズ。10番は、ゴルフの聖地、セントアンドルーズのオールドコースにあるバンカー「プリンシパル・ノーズ(校長先生の鼻)」を参考に、そのままホールネームとした。

 ティーグラウンドから見ると、欧米人の鼻を下から見上げた感じだ。レギュラーティーからだと、240ヤード地点にある。越えれば2オンも可能だが、クリアできるのは3割程度だという。仮に越えても、10ヤード先に二つのくぼ地がある。これが「校長先生」の目の部分。飛ばし屋だと、つかまる可能性がある。鼻の穴(バンカー)に入れたら、観念して横に出すしかない。

 1Wで約200ヤードだった私は、やや広くなっている右サイドからUTで「校長先生」の右を抜いた。3打目はFWでグリーン手前40ヤードに運び、乗せて2パットのボギー。スタートホールとしては上々だ。厳格な“校長先生”にこっぴどくしかられるか、それとも笑顔でほめられるか。いずれにしても鼻をへし折られないように、うまく攻略したい。

 

11番ホール・パー4[樫原]「九州の尾瀬」を連想

 グリーンの手前の池が「九州の尾瀬」と呼ばれる佐賀県唐津市の樫原湿原を連想させる。レギュラーティーから池まで275ヤードなので、1Wも握れるが、170ヤード付近から先が見えないので打ち出す方向に注意が必要。

 

12番・パー4[クルーガー夫妻]セントアンドルーズほうふつ

 セントアンドルーズの9番をほうふつとさせるバンカーを取り入れている。狭い左側はOBの危険性が高い。セカンドは緩やかな打ち下ろしとなるため、フェアウエーをキープすれば、残りはショートアイアンで打てる。

 

13番・パー4[ひげの人]くせ者クロスバンカー

 右サイドにOBが伸びている上に、ティーグラウンドから見える右のクロスバンカーの先が谷となって食い込んでいる。左からのルートが安全。グリーンは2段で奥行きもあるため、ピンポジションの把握が不可欠。

 

14番・パー4[渓谷]ハンディ「2」の千尋の谷

 木がせり出しており、ティーショットで狭さを感じる。OBの右も含めて曲げるとトラブルになる。グリーンに向かって谷になっていることから「渓谷」のホールネームがついた。ハンディキャップ「2」の難ホール。

 

15番・パー3[岩]花道なし!!ハードホール

 ティーグラウンド右横のむき出しになった岩が印象的。花道がなく、砲台グリーンの手前には手ごわいポットバンカーが点在しており、プレッシャーがかかる。打ち下ろしで風の影響も受けやすいので神経を使う。

 

16番・パー4[十字架]つかまれば文字通りはりつけ

 距離は短いので、前面の谷を確実にクリアしたい。セカンドは打ち上げになるため、大きめのクラブで攻めたいが、崖になっている奥は要注意。グリーン手前に祭壇のような十字架バンカーがあり、足場が取りにくい。

 

17番・パー3[しいの木]美「シイ」シンボルの木

 グリーン奥に、しいの木があり、グリーンは木の実の皮をイメージしている。左をクリーク、右を池でガードされており、ピン位置次第で難度が変わるが、手前狭いエリアだとコントロールショットが求められる。

 

18番・パー5[佐賀クリーク]池の恐怖に耐えられるか

 9番とグリーンがつながっており、ホールネームも同じ。周囲を全て池で囲まれており、事前にレイアウトを十分確認してから臨みたい。攻めるか守るかのジャッジも問われる。ドラマ必至のエンディングホール。

 

14、15年のTポイントL開催 優勝者の記念品展示

 Tポイント・レディースの開催コースだったことを示すように、クラブハウス内には、2014年優勝の森田理香子と15年優勝の飯島茜の写真パネルやサイン、キャディーが身に着けたビブスなどが飾られている。ちなみに15年の大会は、飯島茜と全美貞がプレーオフ6ホール、所要1時間47分の死闘を繰り広げたことでも知られている。

 

若木ゴルフクラブ概要

 1991(平成3)年10月10日に開場。PGMが保有運営している。ベント芝のワングリーン。コースレートはチャンピオンティー(6837ヤード)で72.9、レギュラーティー(6158ヤード)で69.3

食事

 有田鶏のチキン南蛮膳(1380円)は、有田鶏の胸肉のおいしさをヘルシーに仕上げており、南蛮ソースと自家製タルタルソースとの相性も抜群。にんにくしょうゆソースの香りが食欲を増進させるペッパーステーキランチ(1880円)とともに人気メニューで上位の常連
  ※金額は税別表示

所在地

 佐賀県武雄市若木町本部1939の1

アクセス

 九州自動車道の太宰府インターチェンジ(IC)から長崎自動車道の武雄北方ICで降りてコースまで約1時間(同ICから約15分)

若木GCへの問い合わせ

 予約・問い合わせの電話番号は0954(26)3030、ファクスは0954(26)3033

→【若木ゴルフ倶楽部】予約カレンダー

 

=2017/06/23付 西日本スポーツ=

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ