延岡学園、初の8強 「全員野球」13安打10点

5回2死三塁、適時三塁打を放った延岡学園・松元 拡大

5回2死三塁、適時三塁打を放った延岡学園・松元

8回無失点と好投した延岡学園・奈須

 延岡学園が13安打10得点で大勝した。三回1死二、三塁から投手のけん制悪送球で1点を先制。五回に松元の適時三塁打など打者9人の攻撃で4点を加え、六回は5単打を集めて4点を奪った。奈須は緩い変化球を交え、打たせて取った。弘前学院聖愛は一戸、小野とも制球の甘い球を痛打された。打線は的を絞れず、つながりを欠いた。

    □    □

 季節外れの“サクラ”が満開だ。桜色のユニホームをまとった延岡学園打線が大爆発し13安打10得点の圧勝。猛打で春夏通じてチーム初の8強入りを果たしたナインに、重本浩司監督は「厳しいゲームになると予想したけど、まさかこうなるとは。高校生の力はすごい」と目を丸くした。

 弘前学院聖愛のエースの小野を引きずり出し、打ち砕いた。1-0のリードで迎えた五回。この回途中からマウンドに立った小野に対し、二死三塁から2番松元聖也(3年)が右越えタイムリー三塁打。この回9人の打者を送り出し一挙4点。完全に主導権を握った。

 絶妙のシンカーを武器に1、2回戦を2試合連続完投するなど、好調だった相手エースを3年の控え部員たちが徹夜で徹底分析。沖縄尚学戦との2回戦をビデオで見て導いた答えは「走者を出すとシンカーをほとんど投げない。極端に増える真っすぐに的を絞れ」だった。直球狙いで痛打を浴びせ、松元の一撃も138キロの直球。「控えのみんなが分析してくれたおかげ。本当に感謝している」と松元。まさにチームが掲げる全員野球で快勝を手にした。

 宮崎大会から得意としていた犠打も5個決め、うち4個が得点につながった。守っても無失策。快投した先発奈須ら投手陣を支えた。投打の歯車ががっちりかみ合った延岡学園。夏では48年ぶりの県勢4強が懸かる準々決勝の富山第一戦に向け、坂元亮伍主将(3年)は「一戦一戦全力で戦っていくだけ」と必勝を誓った。

=2013/08/19付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ