若木ゴルフクラブ【佐賀県武雄市】18景-後編

 名物ホールが一つに絞れない!! 若木ゴルフ倶楽部(GC)=佐賀県武雄市=は、女子ツアーが開催された戦略性の高さと山水画のような景観を誇る「才色兼備」の傑作コースだ。日本のゴルフ場百選にも選ばれたこともある独創的なデザインはファンも多い。「若木18景」の後編ではアウトコースをクローズアップ。パー5の9番「佐賀クリーク」はインの18番と同じホールネームで池絡みのタフな設計になっている。18番と一つにつながった巨大グリーンにも目を奪われる。

 

西スポ×GDOタイアップ特別プランやご要望に応じたゴルフ場を紹介!

↓インターネット予約はこちらから↓

→【若木ゴルフ倶楽部】予約カレンダー

↓お電話でのご予約はこちらから↓

0570-097-562

 

1番ホール・パー4[柿右衛門]パーで余裕の”焼き物鑑賞”

 フェアウエーもゆったりとしており、ウオームアップに最適なスタートホール。ミュアヘッド氏は、陶芸家の十四代酒井田柿右衛門さん(2013年に逝去)のファンで、グリーン横に有田焼を模したバンカーを配置。

 

2番ホール・パー4[唐津]最長ミドルに負けるな

 マウンドやバンカーが唐津焼の模様を表現して造成されたことから命名。若木のミドルで最長。左はOBが近く、仮にOBにならなくても、くぼ地に落としてしまうと2オンは困難。第1打の狙い目はフェアウエー右だ。

 

3番ホール・パー3[楽園の川]うまく渡ればパラダイス

 セントアンドルーズのエデン川をイメージした優雅なホール。ただ、グリーンは横に広い3段で、大きなバンカーがガードしている。バンカーを怖がって奥へ打ってしまうと、左足下がりの厄介なアプローチが残る。

 

4番ホール・パー4[丘]飛ばし屋にワンオンチャンスも

 1打目の落下地点(200ヤード)付近が丘の頂上になっており、セカンドはグリーンに向かっての打ち下ろし。ピンが比較的安全な左サイドで、飛距離に自信があれば、思い切ってドライバーでグリーンに近づけたい。

 

5番ホール・パー5[黒髪]問われるコースマネジメント

 佐賀の黒髪連山をマウンドで表現。距離は短いが、左側とグリーン奥がOBのため、気を抜けない。グリーンから逆算して好きな距離を残しながら攻めたい。横に広いグリーンは乗っても長いパットが残ることもある。

 

6番ホール・パー4[伊万里]ショートカットは厳禁

 伊万里焼の影響を受けて造られたガードバンカーがホール名の由来。右ドッグレッグでショートカットも可能だが、林越えに失敗するとトラブルとなり、悔いを残す。フェアウエーをキープして手前から手堅く攻めるのが無難。

桃子も泣かされた!! あご2メートル超バンカー 若木はバンカーの攻略もスコアメークの鍵を握る。総数は68個(砂のみでグラスバンカーを除く)と決して多くはない代わりに、クロス、ガードともに効果的に配されている。キャディーが要注意の「二大バンカー」に挙げるのが15番「岩」のグリーン手前右端にあるポットバンカーと、6番「伊万里」のグリーン右手前のくし形バンカー。特に6番はあごの高さが2メートル以上あり、Tポイント・レディースでは、入れてしまった上田桃子が完全に出せなかった。

 

7番ホール・パー4[風景]コーナー曲がれば”異世界”

 ほぼ90度に曲がった左ドッグレッグ。コーナーを曲がると、それまでと全く違ったロケーションが視界に飛び込んでくる。第1打で左側を攻めすぎると、距離が足りない場合はせり出している木の枝がスタイミーになる。

 

8番ホール・パー3[ライオンの口]風読み違えれば猛獣のえじき

 セントアンドルーズのエデン川をイメージした優雅なホール。ただ、グリーンは横に広い3段で、大きなバンカーがガードしている。バンカーを怖がって奥へ打ってしまうと、左足下がりの厄介なアプローチが残る。

 

9番ホール・パー5[佐賀クリーク]18番と合体!池に浮かぶダブルグリーン

 クラブハウスのラウンジから眺める光景は、圧倒的だ。まず目に飛び込んでくるのは、一つにつながった9番と18番のグリーン。打っていく方向に対して横が120メートルと長い上に、2750平方メートルのビッグサイズ。ティーグラウンドからグリーンまで池が張り巡らされており、ホールアウトまで気を抜けない。

 インの18番と同様に、9番もレイアウトをよく覚えておく必要がある。左に傾斜したフェアウエー、左はOBで、右はクリーク。フェアウエーを歩くと草原の中を歩いているようで、あるはずの池が見えない。「池の縁に植えている『木』を確認しながら攻めてください。近くに池があるサインですから」。エースキャディーの中村珠実さんのアドバイスには、私もラウンドのたびに助けられている。

 若木のロングは視界に入りにくいところにOBが潜んでいることが多く、確実なティーショットとセカンドで距離を欲張らないことが鉄則だという。9番も例にもれない。私は第1打からUTを3度連続で握ったのが結果的に吉と出て、AWで乗せての寄せワンのパーでホールアウトできた。2014年と15年にTポイント・レディースが開催されたトーナメントコースは“自分史上最高の夏”にするにふさわしい舞台だ。

 

若木ゴルフクラブ概要

概要

 1991年10月10日に開場。PGMが保有運営している。ベント芝のワングリーン。コースレートはチャンピオンティー(6837ヤード)で72.9、レギュラーティー(6158ヤード)で69.3

 

所在地

 佐賀県武雄市若木町本部1939の1

 

アクセス

 九州自動車道の太宰府インターチェンジ(IC)から長崎自動車道の武雄北方ICで降りてコースまで約1時間(同ICから約15分)

 

若木GCへの問い合わせ

 予約・問い合わせの電話番号は0954(26)3030
 ファクスは0954(26)3033

→【若木ゴルフ倶楽部】予約カレンダー


=2017/06/30付 西日本スポーツ=

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ