延岡学園エース覚醒 公式戦初先発の横瀬3安打零封

 第95回全国高校野球選手権大会第13日は21日、休養日を1日挟み甲子園球場で準決勝を行い、7度目出場の延岡学園(宮崎)と初出場の前橋育英(群馬)が決勝に進んだ。

   ◇   ◇

 投手戦で延岡学園が六回に動いた。1死から安打で出た坂元が二盗に成功し、2死後に浜田が右前へ先制打。田中も左中間三塁打で続いた。横瀬はテンポよく九回まで投げきった。五回1死一、二塁から連続で空振り三振を奪うなど9奪三振。カーブとスライダーを交える緩急がさえ渡った。

 花巻東は散発3安打で三塁を踏めなかった。先発の中里は五回まで2安打と踏ん張ったが、六回の勝負どころで低めの球を逆方向へうまく打たれてしまった。

   ◇   ◇

 救援専門の背番号「1」が大仕事をやってのけた。公式戦初先発の延岡学園の横瀬貴広(3年)が、花巻東打線に三塁を踏ませず3安打完封。春夏通じて宮崎県勢初の決勝進出を呼び込んだ左腕は「こんなすごい投球ができるなんて、幸せな気分です」と笑った。

 130キロ台の直球と90キロ台のカーブのコンビネーションがさえた。「打者に考える時間を与えたくない」という速いテンポの投球もはまった。

 唯一先頭打者を出した五回。無死一塁からバントを処理しようとして尻もちをつき、一塁へ悪送球して、一、二塁とピンチを広げた。「恥ずかしかった。何とか取り返したかった」。バント失敗の後、2者連続空振り三振。流れを渡さず、味方の六回の先制点を呼んだ。準々決勝まで出塁率8割を誇った花巻東の2番千葉翔太(同)も、4打数無安打に封じ込めた。

 ライバルに負けたくなかった。背番号「10」の奈須怜斗(同)が3回戦は先発、準々決勝はリリーフで快投。横瀬は準々決勝で3回3失点と打ち込まれ、奈須の救援を仰いだ。「(奈須が)うらやましかったし、悔しかった」。走者がいないと燃えないタイプで、ずっと救援で起用されてきた。重本浩司監督は、横瀬の落ち込む姿を見て「彼にも笑ってほしかった」と準決勝の朝に先発を言い渡した。「ドキドキした」と振り返るマウンドで、横瀬は走者のない場面でも気迫を見せ、期待に応えた。

 横瀬の完封で、奈須や2年生右腕の井手一郎を温存できた。県勢初の大旗まであと1勝。投手陣が万全の状態で総力戦に臨める。それでも背番号「1」は「エースだから、自分で投げきって勝ちたい」と言い切った。甲子園で大きく成長した左腕は、自らの手で歴史の扉を開けるつもりだ。

=2013/08/22付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング