高校野球、前橋育英が初出場優勝 延岡学園に4―3で勝つ

 第95回全国高校野球選手権大会決勝は22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で4万3千人の観衆を集めて決勝を行い、初出場の前橋育英高(群馬)が延岡学園高(宮崎)に4―3で勝って優勝した。夏の甲子園大会での初出場優勝は1991年の大阪桐蔭高以来で22年ぶり。

 前橋育英高は3点のリードを許して迎えた五回に追い付き、七回には荒井海斗主将の適時打で勝ち越した。エース高橋光成投手は四回に集中打を浴びたが投げきった。

 群馬県勢としては99年夏の桐生第一高以来2度目の日本一。延岡学園高は宮崎県勢初の甲子園大会制覇はならなかった。

PR

PR

注目のテーマ