平昌五輪主将、小平奈緒で調整 JOCとスケート連盟

 来年2月の平昌冬季五輪の日本選手団主将に、スピードスケート女子で金メダル獲得が期待される小平奈緒(31)=相沢病院=を選出する方向で日本オリンピック委員会(JOC)と日本スケート連盟が調整していることが22日、複数の関係者への取材で分かった。小平側からは既に就任の内諾を得ているという。

 冬季五輪で女子が主将を務めるのは2006年トリノ大会のスピードスケートの岡崎朋美以来となる。

 小平は今季のワールドカップ(W杯)前半戦で日本スケート連盟が定めた選考基準を満たし、27日からの代表選考会(長野市)出場を条件に3度目の五輪代表を決めている。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ