ラグビー、帝京大など4強入り 全国大学選手権、関東勢で準決勝

 ラグビーの全国大学選手権は23日、東京・秩父宮ラグビー場などで準々決勝が行われ、9連覇を目指す帝京大(関東対抗戦1位)と2大会連続で準優勝の東海大(関東リーグ戦2位)、大東大(関東リーグ戦1位)と明大(関東対抗戦2位)の関東勢4校が勝って来年1月2日の準決勝(秩父宮)に進んだ。

 帝京大は流通経大(関東リーグ戦3位)に68―19で快勝。東海大は天理大(関西1位)に33―7で勝った。大東大は慶大(関東対抗戦2位)に33―28で競り勝ち、明大は京産大(関西2位)を27―21で振り切った。

 準決勝は帝京大―東海大、大東大―明大の組み合わせで行われる。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ