井上尚弥ら、予備検診異常なし 30日ダブル世界戦

 ボクシングのダブル世界戦(30日・横浜文化体育館)の予備検診が27日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥、世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗と挑戦者の外国選手2人はいずれも異常なしと診断された。

 7度目の防衛を目指す井上尚はヨアン・ボワイヨ(フランス)に身長で6センチ、リーチで7センチも下回ったが「今までの相手で身長が一番高いので少し気になっていたが、向き合うとそうでもなかった」と意に介さず。1階級上のバンタム級に転向することを検討しており、体格差について「いい予行演習になる」と語った。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ