鈴木五輪相「あってはならない」 カヌー薬物混入で

 【リオデジャネイロ共同】カヌー・スプリントの日本選手権で起きた禁止薬物混入問題に関して、鈴木俊一五輪相は9日、詳細を把握しておらずコメントは控えるとしながらも「一般論としてフェアプレーに反する形で他の選手を陥れるのはあってはならないことだ」と述べた。視察に訪れたブラジル・リオデジャネイロで記者団に語った。

 五輪相は「2020年東京五輪・パラリンピックは過去にないくらいクリーンな大会を目指している。その基本はフェアプレーであり、決められたルールの中で優劣を競うのがあるべき姿だ」と強調した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ