スノボW杯女子、岩渕が決勝進出 男子は国武らが予選通過

 【スノーマス(米コロラド州)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は10日、米コロラド州スノーマスでスロープスタイルの予選が行われ、女子は岩渕麗楽(キララクエストク)が85・00点の2位で上位8人による12日の決勝へ進んだ。広野あさみ(TJR)は9位で予選敗退した。

 男子は悪天候のため、1回で打ち切りとなり、予選2組の国武大晃(STANCER)が90・75点で1位、大久保勇利(ムラサキスポーツ)は87・25点で2位となり、決勝に進出した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ