羽根田、禁止薬物混入問題に言及 「許されない行為」

 カヌー選手による禁止薬物混入問題で、リオデジャネイロ五輪スラローム男子カナディアンシングル銅メダリストの羽根田卓也選手(30)=ミキハウス=が12日、大阪市内のホテルで行われた所属先の新春祝賀会後に取材に応じ「許されない行為だし、本当に残念な気持ち」と心境を述べた。

 被害者の小松正治選手(25)=愛媛県協会、小松選手の飲み物に薬物を混入させた鈴木康大選手(32)=福島県協会=はともにカヌー・スプリントの選手で、羽根田選手とは種目が異なる。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ