元大関の平幕照ノ富士が休場 糖尿病で入院の可能性

 大相撲の元大関で東前頭10枚目の照ノ富士(26)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が初場所3日目の16日、「2型糖尿病で約1週間程度の療養を要す」との診断書を日本相撲協会に提出し、休場した。今場所は古傷の左膝痛などの影響もあり、初日から2連敗と不振だった。

 師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は再出場の可能性を残しつつ「場所中に血糖値が高くなった。入院の可能性もある」と述べた。再出場しなければ来場所の十両転落は確実で、その場合は元大関として昭和以降で大受、雅山、把瑠都に続き4人目となる。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ