ソフトB武田、復活へ体幹トレ 18番「背番号くらい勝つ」

 ソフトバンクの武田翔太投手が16日、宮崎市内で自主トレーニングを公開し「(勝ち星は)背番号くらいはいきたい」と昨季まで松坂大輔投手がつけていた背番号「18」を引き継ぐシーズンに向け、強気に語った。

 昨季は右肩故障の影響で6勝止まり。「責任感というか、しっかりしないといけないなと感じた」とエースナンバーに変更して、気持ちを新たにした。若手女子プロゴルファーらとトレーニングをともにし、体幹や肩周りなど30種類の地味なメニューに3~4時間をかけ、丈夫な体づくりに努めている。

 その成果もあり、体重は昨季から5キロ増加。「けがせず1年間投げ切りたい」と意気込んだ。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング