白鵬が4日目に左足親指を負傷 出場の判断は18日朝

 大相撲の東横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が初場所4日目の17日、はたき込まれて2敗目を喫した嘉風戦で左足親指を負傷した。古傷の右足親指も痛めており、18日の5日目の出場は当日朝の様子を見て判断する。

 支度部屋で左足を冷やした白鵬は「(左足親指を骨折した)2006年にやったところ。(5日目以降の出場は)やってみないと分からない」と述べた。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は「変な転び方をした。腫れている。引かないようなら(18日)朝に病院に行く」と説明した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ