ソフトバンク岩崎が自主トレ公開 「去年以上の成績を」

 ソフトバンクの岩崎翔投手が18日、宮崎市で自主トレーニングを公開し、今季の目標について「去年と同じか、それ以上の成績を出さないといけない。3年やって一人前」と、昨季初受賞した最優秀中継ぎ投手のタイトル獲得と50ホールドを掲げた。

 72試合に登板した昨年、シーズン中盤以降は疲労から股関節が硬くなったという。柔軟性を高めて投球に生かすため、トレーニングではハードル走に注力。この日も軽やかに膝の高さほどのハードルを飛び越えた。ブルペンでは約30球を投げ、さらなる飛躍を目指す28歳のセットアッパーは「しっかり追い込んで練習できている」と充実の表情だった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ