南北の関係者がスイス入り 北朝鮮の五輪参加で20日協議

 【ジュネーブ共同】北朝鮮の平昌冬季五輪参加を巡って国際オリンピック委員会(IOC)と協議するため、北朝鮮の張雄IOC委員や金日国・北朝鮮オリンピック委員会委員長(体育相)、韓国の都鍾煥・文化体育観光相らが18日、相次いでスイスに到着した。20日にローザンヌのIOC本部で4者会談が開かれ、北朝鮮の選手団の規模や国旗、国歌の扱いについて話し合う。

 北朝鮮と韓国はアイスホッケー女子での合同チーム結成や合同入場行進、北朝鮮がアイスホッケー女子のほかフィギュアスケートのペアとスキー距離、アルペンスキーに選手を派遣することで合意した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ