日本ハム清宮が右手指骨挫傷 栗山監督は軽症を強調

 日本ハムは19日、前日の練習中に右手を痛めたドラフト1位新人の清宮幸太郎内野手(東京・早実高)が東京都内の病院で検査を受け「右手母指基節骨骨挫傷」と診断されたと発表した。今後約1週間は打撃練習など一部メニューを制限し、26日に再検査を受けるが、軽症のため予定通り1軍キャンプからスタートする見通し。

 栗山英樹監督は千葉県鎌ケ谷市の球団施設で新人の合同自主トレーニングを視察して清宮の症状を確認した。その後に千葉市内で「打撲。(今後の予定も変更なしで)大丈夫でしょう」と軽症を強調した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ