IH女子、男子強豪高に敗れる 「内容良かった」と山中監督

 平昌冬季五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表は19日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナでの国内最終合宿で男子の北海道・駒大苫小牧高と練習試合を行い、0―6で敗れた。山中武司監督は「負けはしたが、試合中盤までは昨年何回か対戦したときより内容は良かった」と手応えを口にした。

 2強のカナダ、米国を想定し、2連覇が懸かる全国高校選手権を控えた強豪校に食らいついた。第2ピリオド途中にGKを主戦の藤本那菜(ボルテックス札幌)から小西あかね(西武)に代え、試合後にはゲームウイニングショット(GWS)を行うなど本番をにらんで実戦感覚を磨いた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ