DeNA移籍の大和GG賞へ意欲 鹿児島で練習公開

 阪神から国内フリーエージェント(FA)権を行使してDeNAに移籍した大和内野手が21日、鹿児島県鹿屋市内で練習を公開し、二塁手としての活躍に向け「もともと内野手でプロに入った人間。1回でもいいので取りたい」とゴールデングラブ賞に意欲を示した。

 大和は2014年に外野手部門で同賞に輝いている。既にラミレス監督から「2番・二塁」の構想を伝えられており、守備練習では併殺の動きを入念に確認した。軽快な身のこなしや華麗なグラブトスで仕上がりの良さを印象づけた。

 広島の菊池が5年連続で受賞中だが「それなりの勝負はできると思う」と挑戦心を口にした。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ