レスリング、伊達治一郎氏が死去 モントリオール五輪で金メダル

 1976年モントリオール五輪のレスリングで金メダルを獲得した伊達治一郎(だて・じいちろう)氏が20日午後8時50分ごろ、東京都調布市内で死去した。66歳。大分県出身。葬儀・告別式の日時、場所は非公表で、後日にお別れの会を行う予定。

 大分・佐伯農高(当時)から国士舘大に進み、72年ミュンヘン五輪から日本がボイコットしたモスクワ五輪まで3大会連続で五輪代表に選出された。モントリオール五輪ではフリースタイル74キロ級で圧勝した。

 現役引退後は指導者になり、米ハワイ州在住の元横綱武蔵丸が大相撲入りする橋渡しをした。2015年から国士舘大相撲部監督を務めていた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング