ソフトB東浜、制球に課題残す 紅白戦初登板、2回1失点

 ソフトバンク東浜が紅白戦初登板。先発で2回1失点の結果に「いい球と悪い球がはっきりしていた。課題が残る」と不満げだった。

 一回1死から本多に三塁打を許すと、松田に初球を右前へ運ばれた。二回は2四球を与えるなど走者を置いてから制球がばらつき「セットの投球が思うように投げられなかった。次の登板までに練習して、また一つ前に進めるようにしたい」と話した。(宮崎市)

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング