OARカーリングの選手は失格 ドーピング違反でCAS

 【平昌共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)の反ドーピング部門は22日、検査で禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示したとして、平昌冬季五輪のカーリング混合ダブルスで3位だった「ロシアからの五輪選手(OAR)」のアレクサンドル・クルシェルニツキー選手を失格としたと発表した。世界カーリング連盟は妻のアナスタシア・ブリズガロワ選手とのペアで残した成績を抹消し、4位だったノルウェーが銅メダルに繰り上がった。

 CASによると、クルシェルニツキー選手は違反を認め、暫定的な資格停止処分を受け入れたが、故意や過失はなかったとして大会終了後に処分の軽減を求めることができる。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング