全米OP、18Hプレーオフ廃止 2ホール合計スコアで競う形式に

 【ニューヨーク共同】米国ゴルフ協会(USGA)は26日、メジャー大会の全米オープン選手権のプレーオフについて、最終ラウンド翌日に18ホールで争っていた方式を廃止し、同ラウンド当日に2ホールの合計スコアで競う形式に変更すると発表した。6月にニューヨーク州で開催される今年の大会から適用する。

 マスターズ・トーナメントなど四つあるメジャーで唯一、18ホールのプレーオフを残してきたが、大会終了日がずれ込むことなどに批判もあった。

 2ホールでプレーオフが決着しない場合、それ以降は1ホールずつの優劣で優勝者を決定する。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング