ボクシング高山選手が署名提出 東京五輪目指しアマ登録求める

 プロボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、アマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(34)=名古屋産大=が7日、参議院議員会館で日本オリンピック委員会(JOC)副会長の橋本聖子参院議員を表敬訪問し、自身のアマ登録を求める約2万5千人分の署名が入ったデータを提出した。

 国際ボクシング協会(AIBA)は16年リオデジャネイロ五輪からプロ選手の出場を全面的に解禁したが、日本連盟はプロ経験者の試合出場を認めておらず、高山選手のアマ登録申請は受理されていない。高山選手は「東京五輪出場に向けて、ベストを尽くして戦っていきたい」と話した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング