団体追い抜き、日本男女とも2位 スピード世界ジュニア選手権

 スピードスケートの世界ジュニア選手権は11日、米ソルトレークシティーで行われ、団体追い抜きで日本は男女とも2位だった。男子は林莉輝(ダイチ)山本大史(明大)高見沢光希(長野・小海高)、女子は小山香月(長野東高)ウィリアムソン・レミ(山形中央高)藤森優衣(長野・東海大諏訪高)が組んだ。

 マススタートは女子のウィリアムソンが8位、小山が9位、男子の高見沢が11位、山本が14位だった。(共同)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング