米男子ゴルフ、松山は22位発進 6週間ぶり復帰戦、ウッズ7位

 【オーランド(米フロリダ州)共同】米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は15日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で第1ラウンドが行われ、2月初旬の大会を左手親指付け根付近の痛みで途中棄権して以来、6週間ぶりの復帰戦となった松山英樹は1イーグル、3バーディー、3ボギーの70で回り、首位と6打差の22位発進となった。

 池田勇太は73で69位、小平智は75で96位と出遅れた。

 ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が64で単独トップに立った。前週2位に入ったタイガー・ウッズ(米国)は68と伸ばして7位と好位置につけた。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ