米男子ゴルフ松山は31位に後退 アーノルド・パーマー招待第2日

 【オーランド(米フロリダ州)共同】米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は16日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で第2ラウンドが行われ、22位で出た松山英樹は4バーディー、4ボギーの72と伸ばせず通算2アンダー、142で31位に後退した。74の池田勇太は3オーバー、小平智は77と崩れ8オーバーでともに予選落ちした。

 ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)とブライソン・デシャンボー(米国)が通算11アンダーに並んで首位。松山と同組で回った前週2位のタイガー・ウッズ(米国)も72の足踏みで4アンダーの17位に順位を下げた。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ