飛び込み、萩田と三上は予選敗退 ワールドシリーズ富士大会

 飛び込みのワールドシリーズ富士大会最終日は17日、静岡県富士水泳場で行われ、男子高飛び込みの萩田拓馬(静岡ビル保善)は予選で391・20点にとどまり、敗退した。練俊傑(中国)が535・15点で制した。女子板飛び込みの三上紗也可(米子DC)は279・30点で予選敗退。施廷懋(中国)が388・05点で優勝した。

 混合シンクロ板飛び込みの西田玲雄(大阪水泳学校)宮本葉月(高知DC)組は6位だった。中国勢が今大会の全10種目を制した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング