平昌五輪銀の宇野らが調整 世界フィギュア公式練習

共同通信

公式練習で調整する宇野昌磨=ミラノ(共同) 拡大

公式練習で調整する宇野昌磨=ミラノ(共同)

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権(21日開幕)の公式練習は19日、ミラノで行われ、男子は平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)や同五輪出場の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)、友野一希(同大)が練習リンクで調整した。

 前回2位の宇野はまだ氷に不慣れな様子。ループ、フリップ、トーループの4回転ジャンプを確認した。田中、友野も精力的にジャンプを跳んで精度向上に努めた。

 本番リンクで滑った女子で平昌五輪4位の宮原知子(関大)はジャンプの軸が傾くことが多く、今後へ課題を残した。樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は氷の感触を入念に確かめた。

PR

PR

注目のテーマ