パラのメダリストがトークショー アルペンスキー村岡桃佳選手ら

トークショーを終え写真に納まる平昌冬季パラリンピックのメダリストたち。(右から)村岡桃佳選手、新田佳浩選手、成田緑夢選手、森井大輝選手=20日午後、東京都港区 拡大

トークショーを終え写真に納まる平昌冬季パラリンピックのメダリストたち。(右から)村岡桃佳選手、新田佳浩選手、成田緑夢選手、森井大輝選手=20日午後、東京都港区

 平昌冬季パラリンピックで合計10個のメダルを獲得した日本代表のメダリスト4人が20日、東京都内で「メダリスト凱旋トークショー」に出席した。冬季大会で日本最多となる5個のメダルを手にしたアルペンスキー女子の村岡桃佳選手は五つのメダルを首に下げ「すぐに(首が)痛くなる」と登場。「成績を残しすぎたくらいだけど、次回はプレッシャーを力に変えられるように頑張りたい」と意気込みをのぞかせた。

 スノーボードで2度表彰台に乗った成田緑夢選手は「最高の大会にできた。けがをしたり、落ち込んだりしている人の希望になれたんじゃないかな」と笑みを浮かべた。

PR

PR

注目のテーマ