サッカー、長谷部は後半に退場 ドイツ1部リーグ

 【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは21日、各地で行われ、アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠はホームでのヘルタ戦に先発出場し、0―2の後半34分にラフプレーで一発退場となった。チームは0―3で敗れた。

 ハンブルガーSVの酒井高徳はホームでのフライブルク戦にフル出場した。伊藤達哉は後半42分までプレーし、チームは1―0で勝った。シュツットガルトの浅野拓磨はホームのブレーメン戦でベンチ外だった。チームは2―0の勝利。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング