ハリル氏、日本協会提訴へ 監督解任の真相解明求め

 日本サッカー協会から4月7日付で日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が、名誉回復と解任の真相解明を求めて東京地裁に5月中にも提訴する方針であることが11日、代理人を務める弁護士の話で分かった。

 裁判を通じて解任に至った経緯の詳しい説明を求め、その妥当性を問うとしている。金銭的な補償は争点にしない意向。契約上の問題については国際サッカー連盟(FIFA)の仲裁機関への訴えも検討している。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング