阪神・鳥谷の連続出場止まる 歴代2位の1939試合

 プロ野球阪神の鳥谷敬内野手(36)は29日、甲子園球場でのソフトバンク1回戦に出場せず、プロ1年目の2004年9月9日のヤクルト戦から続いていた歴代2位の連続試合出場が「1939」で途切れた。プロ野球記録は4月に死去した衣笠祥雄(広島)の2215試合。

 15年目の今季は開幕戦は「2番・二塁」で先発出場したが、ここまで打率1割4分3厘と不振から抜け出せずにいた。最近は途中出場が増え、この日のソフトバンク戦はベンチ入りしていたが、出番はなかった。試合は0―1で阪神が敗れた。

 埼玉・聖望学園高―早大から自由獲得枠で阪神入団。シュアな打撃と堅守で主力を担った。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング