日大アメフット部長が声明 学連処分「裁定受け止める」

 日本大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質な反則問題で、日大アメフット部の加藤直人部長は29日、関東学生連盟による内田正人前監督、井上奨前コーチや危険なタックルをした宮川泰介選手とチームに対する処分を受け「ご裁定を重く受け止め、真摯に対応させていただきたく存じます」との声明を発表した。

 声明では、具体的な改善策の策定と実行を早急に行うとし「二度とこのような事案が起こらないよう不退転の覚悟で進めて参りたい」と誓った。「当該選手の一日も早い復帰、ならびにチーム活動の再開をお許しいただけるように、部を一新して、誠心誠意努めてまいります」とした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング