W杯でナイキの靴履けず? サッカーイラン代表に米制裁波及

 【テヘラン共同】トランプ米政権が表明したイラン核合意離脱と制裁再発動のあおりを受け、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、イラン代表選手が米スポーツ用品大手ナイキのサッカーシューズを履いてプレーできなくなる可能性が浮上している。米国とイランのメディアが11日までに報じた。

 ナイキが米制裁の再発動を理由に「米企業として、今回はイラン代表にシューズを提供することはできない」と表明したことが発端。米国の核合意離脱表明を巡っては、既に制裁を恐れる世界各国の企業に混乱が波及しており、国際政治の緊張がサッカーの祭典にも影を落とした形だ。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング