NPB、誤審で謝罪 オリックスは試合続行を要望

 22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めたことを受け、日本野球機構(NPB)は23日、ほっともっとフィールド神戸で友寄正人審判長と仲野和男パ・リーグ統括らがオリックスの福良淳一監督、長村裕之球団本部長らに謝罪した。NPBは試合は成立しており、記録の訂正は行わないとしているが、オリックス側は誤審があった場面から試合をやり直すように要望を出した。

 友寄審判長は「(試合中と試合後は)同じ映像を見たが、リプレー検証の仕方が間違っていた。こま送りのシーンがずれていた」と打球が見える状態で映像を止められなかったと説明した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング