「鉄人」衣笠さんにお別れ 広島の緒方監督らが献花

 プロ野球記録の2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれ、4月に上行結腸がんのため71歳で死去した衣笠祥雄さんの「お別れの会」が28日、広島市内のホテルで催された。午前は故人が黄金期を築いた広島球団から緒方孝市監督や新井貴浩内野手らが献花に訪れ、緒方監督は「秋にリーグ優勝、日本一の報告ができるように精いっぱい頑張りますと写真の前で誓った」と決意を立てた。

 新井は「自分の小さいころのスター」と思いをはせ、発起人でもある球団の松田元オーナーは会場に並べられた数々のパネルを前に「すごく思い出深い。思い出すことがたくさんありすぎて、感情が押し寄せてくる」と涙ぐんだ。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング