バスケ川崎、年間30万人が目標 DeNAが新たに運営

 バスケットボール男子BリーグでDeNAが新たに運営する川崎が4日、川崎市内で記者会見し、事業戦略として将来的な年間来場者30万人、5年以内めどの1万5千人規模のアリーナ新設などを目標に掲げた。

 チームは1950年創部で、1日付で運営権が東芝からDeNAに譲渡された。名称は「川崎ブレイブサンダース」で変わらず、えんじ色のチームカラーも継承する。元沢伸夫社長は「先頭に立ってバスケットボールのステータスを上げていきたい」と語った。来季も指揮を執る北卓也監督は「魅力ある常勝チームを目指す」と意気込んだ。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング