高校ハンド、肘当たる反則行為 試合後に認定、大阪

 6月10日に堺市家原大池体育館で行われたハンドボール男子の全国高校総体大阪府予選決勝で、大体大浪商の選手の肘が桃山学院の選手の胸付近に当たったとして、大阪高等学校体育連盟(大阪高体連)ハンドボール専門部が試合後に調査し反則行為と認定していたことが5日、分かった。

 大体大浪商は同日、大阪府熊取町の学校施設で工藤哲士教頭らが記者会見し、選手の行為は相手にユニホームを引っ張られ、振りほどくための反射動作で意図的な「肘打ち」ではなかったと説明。「危険な反則行為であることは間違いない。部長、監督が徹底した指導をする役目を十分果たせなかったのが原因」と謝罪した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング