ラグビーW杯、先行販売好調 チケット60万枚突破

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会のチケット売り上げ枚数が先行販売だけで60万枚を突破する見通しとなったことが7日、関係者への取材で分かった。大会全体では約180万枚を販売する予定。9月19日から通常チケットの一般向け抽選販売が始まるのを前に3分の1をクリアすることになり、好調な滑り出しとなった。

 日本大会組織委員会は販売した枚数を明らかにしていないが、関係者は「過去の大会と比べても早いペースで申し込みがあり、非常に好調」としている。ただ、日本代表戦や都市部の会場などに人気が偏る傾向があり、組織委は一般販売での完売を目指す。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング