ソフト女子、世界選手権へ結団式 目標「優勝しかない」

 ソフトボール女子の日本代表が30日、千葉市内で行われた世界選手権(8月2日開幕・千葉)の結団式・壮行会に臨み、宇津木麗華監督は「目指すところは一つ、優勝しかない」と2大会ぶりの世界一へ力強く意気込んだ。

 1998年以来の国内開催となる今大会は、金メダル再現を狙う2020年東京五輪に向けた試金石となる。22日に36歳となったエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)は「しっかり状況を見ながら投げていけたら。まだまだ元気な姿を見せたい」と日本のファンの前での好投を期した。

 大会は千葉県内の4球場を舞台に、8月12日まで行われる。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ