アジア大会、日本選手団が入村式 山下団長「引き締まる」

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の選手村で16日、日本選手団の入村式が行われ、競泳や重量挙げの選手ら計20人が参加して歓迎を受けた。2020年東京五輪への重要なステップと位置付ける山下泰裕団長は「いよいよ本番が始まる。身が引き締まる」と開幕間近の心境を語った。

 日本は韓国、香港、ネパール、モルディブと一緒にセレモニーに臨み、民族衣装姿の女性に迎えられて入場。国旗の掲揚を見守った後、恒例のプレゼント交換では、バドミントン女子の元インドネシア代表、ユニ・カルティカ村長に赤富士が描かれた漆塗りの置き時計を贈った。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ