処分の永吉選手「深く反省」 バスケ4選手が謝罪会見、ア大会

 ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表4選手が買春行為で日本選手団から事実上追放された問題で、日本バスケットボール協会は20日、東京都内で記者会見を開き、処分された永吉佑也選手=京都=は「私たちの軽率な行動により多大な迷惑をお掛けし、深く反省している」と謝罪した。

 三屋裕子会長は「大変軽率で思慮に欠けた不適切な行動により、多くの皆さまに多大なご迷惑をお掛けした。心からおわび申し上げる」と述べた。

 会見には、永吉選手をはじめいずれもBリーグ所属で、処分を受けて同日帰国した橋本拓哉=大阪、今村佳太=新潟、佐藤卓磨=滋賀=の4選手も出席した。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング