杉内きたぁ~スミ1完封 寒風吹きすさぶ函館で地方球場初勝利

◆日本ハム0―1ソフトバンク(10日・函館)

 援護は1点で十分! 杉内俊哉投手(27)が函館の地で投手冥利(みょうり)に尽きる大仕事だ。1-0のしびれる接戦を制して今季初完封の3勝目。日本ハム打線を4安打9奪三振、無四球に封じ込めた。完封勝利は自身通算8度目、地方球場ではプロ初勝利。チームは連続2ケタ安打試合こそ「6」で止まったものの、5月は6勝2敗の快進撃で単独3位に浮上した。新緑の季節の上昇気流、ホンモノかも!?

 外野席が騒がしい。試合前に場内放送で禁止されていた、日本ハムファンのジャンプだった。9回2死一塁。一発逆転サヨナラの場面で稲葉を迎え、しかし左腕は冷静だ。外角スライダーを3球続けて三振に仕留めると、珍しくマウンド上で跳ね、ガッツポーズを連発した。「いやあ! 今日のはアツかったね」。無四球での今季初完封は7年目で初の〝スミ1〟。杉内が少年のような笑顔をはじけさせた。

 プロ入りから4戦未勝利だった地方球場で周到さを見せた。前日、実際に投げて足場を確かめ、左翼方向から吹いた強風を利用。「狭いけど、右打者の左方向の本塁打はない。大胆にいけた」。3回の森本、小谷野に5回の鵜久森。得点圏で対戦した右打者には思い切り良く内角低めへスライダーを投げ、内野ゴロに打ち取った。

 試合終了時に気温8度を切るまで冷え込んだ函館。かつて血行障害に苦しんだ左腕は1球ごとにポケットのカイロで指先の感覚を維持した。6回2死、田中の打席では軸足の左ふくらはぎがつるアクシデントも。「思ったより寒かったし、汗はかかないと思ったんだけど…」。藤井との最多勝経験左腕同士の投げ合いに自然と白熱したが、ストレッチと水分補給で立て直し、6回以降は安打を許さなかった。

 仙台から空路乗り継ぎを強いられたハードな日程。この遠征から荷物を増やした。一つは足をほぐす電動フットマッサージャー。もう一つは体脂肪計だった。「体重が増えやすい」との自覚から好物の焼き肉も控え、4キロ絞って81キロに落とした体重の維持に努める。

 前回2日のオリックス戦も8回を零封。ただ、13点の援護があった。杉本投手コーチは「言うことない。彼自身とチームにとって今日の勝ちは大きい。投手にとって一番しんどい状況での完封だから」とうなずいた。9奪三振のうち4つは高めの直球を振らせ、残る5つはスライダー。力に頼り過ぎず変化球も有効に使った。「08年型の投球スタイルでこういう結果が出たのは良かったね」。122球は通算8度の完封のうち、2番目に少なかった。

 前日に〝12回完封指令〟を出していた王監督は「最後までよく放った。今日みたいな試合は先発がガツッとやってくれないと」とシビレた表情で賛辞を贈った。交流戦前3カードは続けて上位との直接対決。滑り出しでエースが締め、2位楽天とゲーム差なしの3位。いつもは控えめな杉内も「打線に助けてもらっていたからね。接戦をものにできて良かった」と胸を張る。星勘定を五分に戻した左腕は次週、本拠地で再び日本ハムを迎え撃つ。 (森 淳)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ