ホークス杉内、苦難バネにMVP 家族が支え、チームけん引

 名実ともに球界の頂点に立った。苦難を乗り越えMVPに輝いた杉内が、満面の笑みだ。「本当にうれしいし、光栄です。逆境を乗り越えた自分を褒めてやりたい」

 今季は開幕から先発ローテの軸としてチームを引っ張り、18勝4敗、防御率2・11。最多勝と最優秀防御率の2冠に輝いた。「レギュラーシーズン1位通過を高く評価してもらった」。1位票は同僚の松中よりわずかに少なかったが、2位票で票を伸ばした。

 ベンチを殴打して両手を骨折し、わずか2勝に終わった昨季。自らの愚行による「逆境」からよみがえった。「毎月、口座から100万円が引き落とされるんです。あれはきつかった」。球団などに課された罰金は約600万円。一瞬の感情の支払いは、心にも財布にも大きく響いた。

 ボールも握れず、単調なリハビリを続けるしかない毎日。この苦しい時期を支えてくれたのは、妻のえりかさん(25)だった。「今年は家族のためにやらないと。ずっとそう考えてきた」。10月6日には長男の咲哉くんも誕生。新米パパは「大きくなった息子に一つでも自慢できるように頑張りたい」と誓った。

 プレーオフでは2年連続でチームが敗退し、杉内自身も2試合に先発して勝ち星なし。「悔しかった。来季こそ優勝して日本シリーズに出られるように貢献したい」。来季のV奪回を約束した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ