稀勢の里が5連勝、横綱陣安泰 御嶽海は栃ノ心破り全勝維持

 大相撲秋場所5日目(13日・両国国技館)進退を懸ける横綱稀勢の里は、反撃を許しながらも平幕正代を右上手投げで仕留めて5連勝とした。他の横綱陣も白鵬が小結貴景勝をはたき込み、鶴竜は千代大龍を寄り切ってともに全勝を守った。

 大関とりの関脇御嶽海はかど番の大関栃ノ心を寄り切って5戦全勝。栃ノ心は2敗目を喫した。大関高安は勢を送り出して5勝目、大関豪栄道は豊山の休場による不戦勝で4勝目を挙げた。

 勝ちっ放しは3横綱、高安、御嶽海に平幕の北勝富士と嘉風を加えた7人で変わらなかった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング